行政書士試験の合格点

行政書士試験の合格点

行政書士試験は300点満点の試験ですが、そのうち180点を超えれば合格です。

つまり、たった6割取ればよいのです。

憲法や商法がゼロ点でも他の科目で頑張って、全体で180点超えれば合格です。
(厳密には「一般知識」という科目だけには、4割以上、という足切りが設定されています)

大切なことは、満点を目指すための勉強方法ではなく、
効率よく6割を目指すことが求められます。


コメントを残す

*

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME