行政書士試験の難易度について

行政書士試験の難易度について

平成28年度(2016年度)の行政書士試験では択一式の問題が難しく、
記述の採点が易しかったと感じた受験生が多いのではないでしょうか。

行政書士試験では、択一式の難易度が毎年、交互に入れ変わることが多いので、
この傾向であれば、平成29年度(2017年度)は易しくなると思われます。

ただし、どちらに振れても合格できるように、しっかりと勉強して、
行政書士試験当日を迎えるようにしましょう。


コメントを残す

*

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME