行政書士試験の試験科目

行政書士試験の試験科目

例年、行政書士試験は「基礎法学」「憲法」「行政法」「民法」「商法」といった法令科目から46問、
「政治経済社会」「情報通信」「個人情報保護」「文章理解」といった一般知識から14問の合計60問が出題されています。

しかし、科目ごとの配点は均一ではないため、重要科目とそれほどでもない科目を分けて、考える必要があります。

もちろん万遍なく勉強することは大切ですが、と同時に重要科目により時間をかけることも大切です。

なにを優先するかを明確にして、勉強するようにしましょう。


コメントを残す

*

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME