行政書士試験は行政法と民法の試験

行政書士試験は行政法と民法の試験

行政書士試験の中で、最も重要度が高い科目は「行政法」で、その次が「民法」となっています。

行政法の配点は112点、民法の配点は76点となっており、この2科目だけで188点もの配点があるわけです。

行政書士試験は300点満点ですか、この2科目だけで全体の6割以上の配点があることが分かります。

いかに、この2科目に得点が集中しているかが分かるかと思います。


コメントを残す

*

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME