来年の行政書士試験を目指す人は、来年も受験できない①

来年の行政書士試験を目指す人は、来年も受験できない①

行政書士試験は、1年に1回、11月の第2週の日曜日にしか
試験がありません。

つまり、12月から勉強を始める受験生にとっては、
まだ約1年間あるわけですが、
7月から始めようとする受験生は、
残り4ヶ月しかないということになるわけです。

「残り4ヶ月しかない」と思うと、
「4ヶ月しかないんじゃ合格できないな。来年にするか」
という発想になりがちですが、
そういう考えの受験生の多くは、来年も受験できていないケースが
ほとんどです。

それはなぜなのでしょうか。


コメントを残す

*

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME