行政書士という資格の活用法

行政書士という資格の活用法

最近、行政書士として開業する人の中には、
「複業(副業ではなく)」という形が増えてきました。

複数の仕事をかけ持つということです。

人口減少が今後どんどん進んでいきますので、嫌な会社に縛られるのではなく、
自分に合った複数の仕事を行う、といったスタイルが増えていくかもしれません。

1社で長時間勤務するよりも、2つの仕事をかけもった方が、収入的にも安定しますし、
自由に自分の時間をコントロールできるようになります。


コメントを残す

*

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME