なぜ、毎年、憲法しか勉強できないのか②

なぜ、毎年、憲法しか勉強できないのか②

行政書士試験で最も重要なことは、
さらっとでよいので、まずは1巡することです。

1巡した後から、勉強が始まるといっても良いでしょう。

高校の日本史を学んでいたときに、
縄文時代や弥生時代ばかり勉強し、
なんとか貝塚とか遺跡とか、そんなのばかり完璧に覚えてしまい、
江戸や明治以降はまったく勉強できていない、
それとまったく同じなのです。

行政書士試験の勉強は、何度も繰り返し復習していく中で、
少しずつ理解力をあげて覚えていくことが重要です。

憲法ばかり完璧に覚えても仕方がありません。

毎年、憲法や民法で終わってしまう人は、
そもそも勉強のやりかた、勉強の計画自体が
誤っているケースがほとんどですので、
「勉強をよりいっそう頑張る」という考えではなく、
「勉強のやり方を考えてみる」ところから始めてみましょう。


コメントを残す

*

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME