平成30年度の行政書士試験より平成29年度の行政書士試験を目指そう③

平成30年度の行政書士試験より平成29年度の行政書士試験を目指そう③

それは、「平成29年度の行政書士試験に挑戦できた人」です。

つまり、残り3ヶ月半という限られた時間の中でも、
最後まであきらめず、自分にできる限りの勉強をできた人が、
来年合格しているのです。

もちろん、今年の試験に合格することが第一目標ですが、
仮に不合格だったとしても、その経験は平成30年度の行政書士試験へと
つながるわけです。

一方で、既に平成29年度の行政書士試験を諦めて、

「今年はスケジュール的に厳しそうだから、
来年の行政書士試験を目指そう」

と思ってしまった人は、自ら平成30年度の行政書士試験の合格可能性を
下げてしまっているのです。

今ベストを尽くせない人は、
平成29年度も平成30年度も平成31年度も、
行政書士試験に合格できず、受験地獄に陥ってしまう危険があるため、
気をつけましょう。


コメントを残す

*

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME