やらないことを明確にできない人は合格できない①

やらないことを明確にできない人は合格できない①

特に試験直前期になると、受験生から「1時間の個別コンサルをお願いします」といった連絡が増えます。コンサルは、対面やスカイプで行うことが多いのですが、目的は「行政書士試験に合格するために、何を優先して勉強すべきか」といったことになります。コンサルを希望する受験生は、総じて意識の高い方が多いため、その裏返しとしてすべてを完璧にやろうとしてしまう人が目立ちます。勉強計画をぎっしりと立て、あれもこれもしっかりとやろうとするわけです。でも、計画というのは理想形で立ててしまうと、少しでも遅れてしまうと、遅れを取り戻せなくなってしまいます。なので、実行できる計画を立てるためには「遊び」の部分を入れておかなければならないのです。100できると思っても、計画上は70くらいにしておく必要があります。でも、案外、それくらいでちょうど良かったりするのです。


コメントを残す

*

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME