行政書士試験の直前期の復習(憲法)

行政書士試験の直前期の復習(憲法)

憲法と聞くと、最も重要な科目のように錯覚しますが、行政書士試験においては、行政法、民法に続く3番手の科目といえます。

択一式から5問、多肢選択から1問といったように行政書士試験全体の配点の約1割であるため、重要度はそれほど高くありません。

憲法は大きく分けて、人権と統治に分かれますが、人権は判例問題が中心で、統治は条文知識を問われる問題が多く出題されます。

重要度から考えても、直前期にあまり大きな時間を使うことができませんので、憲法については、テキストや過去問、模擬試験など今までやってきた勉強を繰り返し復習することを中心とし、それ以外のところまで手を伸ばすのは止めましょう。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME