行政書士試験の直前期の復習(商法・会社法)

行政書士試験の直前期の復習(商法・会社法)

商法・会社法は択一式から5問だけですので、はっきりいって行政書士試験においては重要度の低い科目といえると思います。しかも、配点の低い割に、試験範囲はものすごく広く条文数も数千ありますので、絞って勉強することが大切です。

商法というのは個人事業主であり、会社法は法人の法律になりますが、商法から1問、会社法から4問というのが例年のパターンです。

余談ですが、行政書士の場合には、基本的に個人事業主にあたるため商法が適用されますが、行政書士法人を作ると会社法の適用となります。

会社法は、「設立」「株式」「機関」が良く出題される3大項目ですので、ここだけしっかりと復習するようにしましょう。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME