行政書士試験の直前期の復習(基礎法学)

行政書士試験の直前期の復習(基礎法学)

基礎法学は択一式から2問だけ出題されるという行政書士試験の中で最も重要度の低い科目です。配点でいえば8点にしかなりません。しかも、とんでもない難問も多く出題されるため、得点にしにくい科目といえます。

行政書士試験の合格者でも、「基礎法学はゼロ点でした」という人が数多くいますので、復習するとしても基本テキストや問題集を軽く見直すだけで十分でしょう。

行政書士試験の直前期は、行政法や民法の勉強が最優先となりますので、基礎法学は余った時間や、「行政法ばかりやって飽きたから、気分転換に基礎法学のテキストでも見ておこう」くらいの気持ちで十分です。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME