行政書士試験の予想問題集や模擬試験で100点しか取れないのはなぜか①

行政書士試験の予想問題集や模擬試験で100点しか取れないのはなぜか①

行政書士試験の本試験に向けて、予想問題集や模擬試験を受ける受験生が増えてきました。

180点以上を連発している人もいれば、100点付近で停滞している受験生もいます。

100点から伸びない受験生は、こんなふうに考えることはないでしょうか?

「過去問を何度も繰り返し、しっかりと覚えたのに模試では点数がとれないのはなぜだろう」

確かに、過去問を何度も繰り返すことで学力は上がっていくことでしょう。

ただ、そこには根本的な欠陥が存在するのです。

「過去問を繰り返せば覚えるのは当たり前。予想問題集や模擬試験は初見で180点をとらなければならない」ということです。

過去問も1巡目はおそらく分からなかった問題が多数だったと思います。ただ、何度も行ったことで徐々に覚えていったわけです。

しかし、行政書士試験の本試験では、初見で180点をとらなければなりません。「何度も繰り返して覚えていく」ということと「初見で180点を取る」ということは、まったくの別物です。

この差異をうめていくことが必要というわけです。

では、どうしたら、初見で180点以上の点数を取れるようになるのでしょうか。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME