行政書士試験の勉強の手を広げすぎないこと②

行政書士試験の勉強の手を広げすぎないこと②

行政書士試験の勉強は、ただ、手を広げればよいというわけではありません。

もちろん、ある程度の量は必要ですし、やれるならば、様々な問題集に挑戦することは良いでしょう。

しかし、それはしっかりとこなせることが前提です。

「ただテキストを読み進めた」
「問題はたくさん解いたけど、復習はしていない」

というのでは、かえって逆効果になってしまいます。

特にこの直前期になると間違えやすいのですが、模擬試験で得点が取れないのは、「あなたがやっている量が足りない」のではなく「今までやってきた勉強をあなたがしっかりと理解できていない」ことの方が多いのです。

つまり、復習なしで、手を広げても、それは学力に結びつかないのです。かえって混乱を招いてしまうかもしれません。

得点が伸びなかったり、頭が混乱したときは、初心に返って、今までやってきた勉強を復習してみましょう。原因は、遥か彼方にあるのではなく、あなたの足元にあるのです。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME