行政書士試験の本試験で失敗してしまう人②

行政書士試験の本試験で失敗してしまう人②

行政書士試験の当日は、緊張したりバタバタしたりしがちですので、少なくとも前日のうちにできる準備をしておくことが大切です。

特に重要なのは「時計」と「受験票」です。

「時計」は試験会場にあることが多いですが、行政書士試験研究センター側で用意しているわけではないので、「時計のない会場」というのは決して珍しくありません。

また、時計があったとしても、前についているとは限らず、横や後ろにあることもあるので、あなたが座る席から見えるとも限りません。

なので、必ず、自分で準備して持っていくようにしましょう。

といっても、最近ではスマートフォンなどを時計代わりにしている受験生も多いでしょうから、腕時計を持っていない受験生も多いかもしれません。

その場合には、目覚まし時計でもなんでもよいので、用意しておくことが大切です。

それから、次に多いのが「受験票」忘れです。

嘘のような話ですが、受験票を紛失してしまったり、家に忘れてきてしまう人は、毎年います。

受験票はなくても、身分証などを提示すれば受験することは可能ですが、それでも試験前に動揺することは否めませんので、必ず、前日のうちに準備しておくようにしましょう。

紛失している場合には、早めに試験会場に到着するようにしてください。

行政書士試験当日は、何もなくても慌ただしくなることが目に見えていますので、事前に準備できることは早めに用意しておくよう努めましょう。



PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME