行政書士試験の本試験で失敗してしまう人③

行政書士試験の本試験で失敗してしまう人③

行政書士試験の当日は、朝から気持ちも高揚していますので、なるべくいつも通りに行動することが大切です。

使う予定の交通手段が止まっていたり、遅れてしまうこともあるので、試験会場には早めに入ることが望ましいですが、あまり無理な早起きや朝からかつ丼を食べるなど、普段とあまりにもかけ離れた行動をとることは避けましょう。

普段、7時起きの人が、5時に起きると、13時には疲れ切ってしまうかもしれません。

毎日、朝ご飯を食べない人が、試験当日に朝からかつ丼を食べたら、確実にお腹が痛くなります。

行政書士試験本番だからといって、いつもと違う生活を送る必要はありませんので、なるべく普段と近い日常を過ごすようにしましょう。

もちろん、変更したり、シミュレーションしなければならないこともあるでしょう。

例えば、行政書士試験は13時に開始で、12時半に会場入りするわけですから、普段より早めの昼食になるかもしれません。

こういった変更箇所については、10月、11月の休日を使ってシミュレーションをし、何時にどんなものを食べたらよいのか試してみることが重要です。

基本的には、行政書士試験の本番だからといって変えなければならないことはありませんが、それでも、変更せざるならないことについては、ぶっつけ本番ではなく、事前にシミュレーションしてみることが重要です。



PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME