10月22日は衆議院議員選挙と最高裁判所裁判官国民審査です

10月22日は衆議院議員選挙と最高裁判所裁判官国民審査です

行政書士試験がもう間近に迫っていますが、今週末には衆議院議員選挙が行われます。

「選挙制度」は一般知識で狙われやすいポイントのひとつになりますので、実際に選挙に行くことでイメージを持つことが重要です。

これは一般知識だけでなく、法令科目にも通ずることですが、テキストや問題集といった紙面で勉強するだけでなく、実際に体験をしてみることは物事を理解するのにとても重要だったりするのです。

今回の選挙では小選挙区の改定が行われたため、「区」が変更になったところも多いのではないでしょうか。

また、東京都三鷹市で期日前投票で説明ミスがありました。

比例選挙の説明の際に「政党名または候補者名をご記入ください」と伝えたようですが、衆議院の比例選挙の場合、政党名を記入するのが正解で、誤って候補者名を記載すると無効となってしまいます。

同じ比例選挙といっても、衆議院議員選挙と参議院議員選挙とでは方法が異なるため、こういったことも理解しておくよう心がけましょう。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME