行政書士試験の勉強で何度やっても覚えられないものは、試験前日か当日に行おう②

行政書士試験の勉強で何度やっても覚えられないものは、試験前日か当日に行おう②

一番良いのは、やはりイメージを持つようにするということです。

「天皇の国事行為」の様子をしっかり見ることができれば、理解を伴って覚えることが可能です。

しかし、それが難しい場合には、どうせすぐに忘れるのであれば、思い切って「試験前日や当日に覚えるようにする」というのが良いでしょう。

「覚えられないものリスト」を作って、ノートに書いておき、試験直前に見るようにすればよいでしょう。

それはイコール「今は覚えなくてもよい」ということですので、無駄な時間を使うこともなくなります。

「どうしても覚えられないもの」に勉強時間を割くのではなく、今は、その他の復習に専念し、覚えられないものは試験の前日や当日に無理やり頭に詰め込むようにしましょう。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME