平成28年度の行政書士試験の問題を解こう②

平成28年度の行政書士試験の問題を解こう②

行政書士試験の本試験は、3時間しかありません。

もし、慣れない文章表現に苦戦するならば、行政書士試験の問題を理解するだけで四苦八苦してしまうことになるのです。

例え、180点を超えるだけの実力があったとしても、文章が頭の中に入るのに手こずっていては、大きく点数を落としてしまうことになるでしょう。

そこで、お勧めしたいのが「平成28年度の行政書士試験の問題を解く」ということなのです。

特に直近は、模擬試験などを多く解く機会が多かったことでしょうから、行政書士試験の問題からは少し離れてしまっているかもしれません。

そこで、昨年の行政書士試験を事前に目に通しておくことで、行政書士試験問題に慣れておくようにしましょう。

特に、今回が初めての行政書士試験の人の場合には、必須です。

昨年から試験委員に変更はありませんので、昨年の問題に慣れておけば、きっと平成29年度の行政書士試験問題を解く際にも役立つはずです。

1度目を通しておくだけでも、大きく結果が変わりますので、試験前に必ず、平成28年度の試験問題をチェックしておきましょう。

もし、お手元に平成28年度の行政書士試験の問題がない方は、「行政書士試験研究センター」のHPで確認するようにしてください。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME