覚えにくい項目を整理しよう

覚えにくい項目を整理しよう

行政書士試験の前に、「自分が苦手とする項目」を整理しておくようにしましょう。

「商法」や「基礎法学」などはさらっとで構いませんが、「行政法」「民法」は配点も高いため、しっかりと確認しておくことが重要です。

特に、よく出題される個所や法改正部分は、必須ですね。

出題可能性が高いにも関わらず、苦手だという理由だけで、敬遠してしまうのはもったいないことです。

それが合否を分けることになるのもしばしばです。

「苦手な項目」というのは、勉強してもすぐに忘れてしまいがちですので、試験直前に勉強することが得策です。

私自身も試験当日は、「覚えられない項目」をまとめた紙を試験会場までの電車の中で、ぱらぱら確認しながら移動していた記憶があります。

今まで勉強してきたことをもう一度見直し、これまでやってきたことをしっかりと行政書士試験にぶつけられるよう復習しておきましょう。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME