平成30年度行政書士試験に向けた一般知識の勉強方法

平成30年度行政書士試験に向けた一般知識の勉強方法

平成30年度行政書士試験では、個人情報保護法から出題が増えることが予想されますので、「文章理解」「個人情報保護法」の勉強が足切りクリアに向けて、とても重要になるかと思います。

「政治、経済、社会」については、平成29年度を見る限り、何が出るのか予測不能なため、従来のやり方とは変えたほうがよいのかもしれません。

今年の一般知識で足切りを大幅にクリアできている受験生の傾向をみると、「一般知識の勉強をしっかりやった」というよりも「雑学をよく知っている」人の方が強い気がします。

つまり、新聞やニュースなどを日ごろから見ている人が一般知識で高得点を取っているということです。

ビットコインなどの用語も、情報通信といった枠ではなく、社会的なニュースとして認知されていますので、行政書士試験の一般知識は、時事ネタをしっかりと普段からチェックすることが大切です。

「文章理解」「個人情報保護法」はしっかりと勉強し一定以上の得点を確保できるようにしたうえで、あとはそれ以外の分野の中から点数を取れそうなところを3問程度抑えておくことが重要になるでしょう。

WBSなどの番組を見ることを習慣化しておくと良いと思います。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME