行政書士になってよかったこと

行政書士になってよかったこと

2017-12-07

おはようございます、行政書士の石井です。

先週の金曜日にワールドカップの組み合わせが決まりましたが、日本は「ポーランド」「セネガル」「コロンビア」と同組ですね。

「コロンビア」には前回大会でボロボロに敗れましたが、日本にとって「ブラジル」とか「コロンビア」などの南米勢は相性がよくないですよね。

といっても、他の組を見ると、そっちの方が厳しそうなので、結局はやってみないと分からないんですけどね。

行政書士になってよかったことにひとつに、「スポーツを生で見られる」というのがあります。

サラリーマン時代は、「サッカーワールドカップ」や「野球のWBC」が時間帯によって見られないことも多かったのですが、行政書士になると何時であっても、見ることができるようになります。

というのも、仕事の予定をその時間帯からずらせばよいだけですので。

ディズニーランドも平日昼間に行くことができますので、ゆったりと回ることができます。

旅行ももちろん、平日を狙っていけますので、ホテル代も安く、観光地も空いていて、思いっきり満喫できます。

その代わりに日曜日やGWに働いたりするわけです。

些細なようですが、こういったメリットを享受できるのも行政書士になって、良かったことのひとつです。

今から勉強して行政書士になることができれば、2022年のワールドカップをカタールまで見に行くことも可能です。

もちろん、全試合テレビで誰にも気兼ねなく見ることもできます。

自分の時間を自由に使いたい人は、独立開業を目指しましょう。

行政書士になりたい人は、私がご提供している「マニュアル」をぜひ、ご活用ください。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME