行政書士試験で答案用紙を紛失した件

行政書士試験で答案用紙を紛失した件

2017-12-14

おはようございます、行政書士の石井です。

 

本日は「行政書士試験で答案用紙を紛失した件」についてお話します。

 

「行政書士試験」という言葉がヤフーのトップページに出ていたので何事かと思ったら、徳島県の試験会場で2人分の答案用紙を紛失したとのことのようですね。

 

通常、試験会場で受験生の数と答案用紙の数を確認したり、郵送するときにも確認すると思うのですが、行政書士試験研究センターに届いてから判明したとのことですので、徳島県の会場がいかにいい加減だったかということが分かるかと思います。

 

年明けに2人は再試験とのことですが、モチベーション的にも学力的にもなかなか元に戻すのは難しいところですね。

 

問題も平成29年度と同じ問題を出題できるわけでなく、また、ゼロから作り直すのも相当大変ですので、そう考えると過去問から引っ張ってくる問題が多いかもしれませんね。

 

おそらくこの2人は迷惑をかけられているわけですから、行政書士試験研究センターとしても、相当、合格できる可能性の高い問題を並べてくるのではないかなぁと予想されます。

 

でも、他の受験生との公平性という意味でどうかという問題もありますので、どちらにしても、この2名分の試験結果、合格率は単独では公表されないのではないでしょうか。

 

もちろん、人間がやることですので、ミスがあるのは当然ですが、少なくとも徳島県の試験会場でチェックしておかなければならないものをおざなりにしていたことは責められるべきだと思われます。

 

12月も中旬に差し掛かり、寒い日が続くようになってきました。

 

行政書士試験の勉強をするときは、暖かい洋服と温かい飲み物を用意して、取り組むようにしましょう。

 

私がご提供している行政書士試験合格のためのマニュアルでは、「あなた自身に合った勉強方法」をご提案しています。

 

人それぞれ、1日の生活スケジュールや生活環境は異なります。

 

そういった細かい部分も考慮に入れたうえで、あなたに合った勉強方法を一緒に考えていきましょう。

 

行政書士試験に合格するために大切なことは、「合格できる勉強方法を作る」ことです。

 

ただ、やみくもに勉強しても効率が悪く遠回りするだけですので、ぜひ、短期で最短距離で合格したい方は、マニュアルをご検討ください。

PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME