行政書士試験に合格するのは、頭の良い人か、それとも・・・。

行政書士試験に合格するのは、頭の良い人か、それとも・・・。

2017-12-18

おはようございます、行政書士の石井です。

本日は「行政書士試験に合格するのは、頭の良い人か、それとも・・・。」についてお話します。

「行政書士試験は合格率10%の試験なので、合格している人は全員、頭が良いのだろう」と思われるかもしれませんが、実は、そうではありません。

頭のよい人は、事前にいろいろ考えたり、計画を立てたりして「こういうふうに勉強していけば合格できる」という道筋をつけることはできますが、意外と実践できていない人がほとんどです。

一方で、あまり頭のよくない人は、「考えてもあまりよくわからないから、とりあえず、やってみよう」といった人が多く、どんどん実践していくケースが目立ちます。

もちろん、適切な方向に進んでいない人も多いのですが、私の方で「こういう勉強をしてください」とアドバイスをすると、素直に話を聞いてくれるので一発で合格できます。

一方で、頭のよいひとは、自分のやり方に自信を持っているため、私の方で「こういう勉強をしてください」とアドバイスをしても、「いや私の場合には、こういったやり方の方がよいと思うんです」といった具合で、自己流に陥ってしまい、結局、合格できなかったりするのです。

もちろん、頭がよくて、アドバイスをそのまま取り入れてもらえれば鬼に金棒なのですが、頭の良しあしよりも、アドバイスを受け止め、そのまま実践しようとする人の方が合格しているのは事実です。

私は実際に数多くの合格者とお会いしますが、私を含めて、ほとんどの方は、いわゆる普通の人です。物凄く頭の良い人というのは、数える程しかいません。

適切なやり方さえ実践すれば、誰でも合格できるのが行政書士試験ですので、考えているのであれば、とりあえず、最初の一歩を踏み出してみましょう。

行政書士は、1年以内の勉強で合格できる独立開業可能な資格です。

もちろん、簡単な試験ではありませんが、しっかり勉強すれば合格できる試験です。

行政書士試験は、外国人でも未成年でも中卒でも誰でも受験可能な資格試験ですので、短期間での合格を目指す人は、ぜひ、私がご提供しているマニュアルをご活用ください。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME