3年前の自分を思い出してみよう。

3年前の自分を思い出してみよう。

2018-01-15

おはようございます、行政書士の石井です。

本日は「3年前の自分を思い出してみよう」についてお話します。

3年前の自分を思い出してみてください。

あなたは3年前から何か変わりましたか?

劇的な変化はありましたか?

3年前に思い描いた自分に今、あなたはなっていますか?

3年前に「3年後、こういうふうになっていたいなぁ」と思える自分に、今なれている人は、きっと3年後、行政書士として活躍できているはずです。

でも、「3年前から何も変わっていない」「3年前、行政書士になりたいと思ってテキストを買ったのに、今現在も全然勉強していない」という人は、よっぽど気持ちを切り替えないと、3年後だけでなく、10年後、20年後もきっと今の生活を続けているはずです。

私自身が「行政書士になりたい」と思ったのは、当時、勤めていた会社の上司を見たからでした。

会社の上司というのは、いわば、5年後、10年後、20年後の自分自身でもあるわけです。

私の周りの上司は、会社内で愚痴をずっと言っていたり、終電近くまでダラダラ仕事をしている人ばかりでした。

それを見て私は、「自分は彼らみたいにはなりたくないな」と思って真剣に行政書士の勉強を始めました。

その決意がなければ、今、私は終電まで会社に残り、会社の悪口をいうサラリーマンを続けていたことでしょう。

楽な方向に流される方が簡単ですが、「行政書士になりたい」ならば、10ヶ月間、真剣に取り組んでください。

そうしないと、何年たっても何も変わりませんよ。

10ヶ月頑張れば、人生が変わるのですから、本気になって頑張りましょう!

「本気で平成30年度の行政書士試験に絶対に合格したい」という人は、「1日14時間半のサラリーマン生活を続けながら、わずか147日で行政書士試験に合格したマニュアル」をご参照ください。

行政書士試験の合格を勝ち取って、3年後、なりたい自分になりましょう!


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME