行政書士試験の勉強に対するやる気を出す方法を考える。

行政書士試験の勉強に対するやる気を出す方法を考える。

2018-01-29

おはようございます、行政書士の石井です。

本日は「行政書士試験の勉強に対するやる気を出す方法を考える」についてお話します。

毎日、コツコツと時間通りに勉強できれば何もいうことはないのですが、人間、そんなに思い通りにいくものではありません。

「面倒くさいなぁ」

「やる気がでないなぁ」

「眠いなぁ」

などといって、勉強を後回しにしてしまうことも、あるのではないでしょうか。

1日くらいなら何ら問題はありませんが、こういった日々の積み重ねが、結局、行政書士試験に跳ね返ってくるわけです。

なので、そのための自分なりの対策というのを、日ごろから考えておかなければなりません。

私の場合には、勉強へ気持ちを促す曲を数曲、いつでも聞ける体制にしていました。

「よしっ、勉強を頑張ろう!」と気持ちを引き戻せる曲が手元にあったことで、十分ではなくても最低限の勉強ができた日が何日もありました。

勉強において「0」か「1」かというのは大きな違いです。

まったくやらなかったか、最低限のことだけやったかで、翌日以降の勉強の流れが大きく変わりますので、勉強に集中できない日は、明日以降につながるように10分だけでもよいので、しっかりとやるよう努めましょう。

「行政書士になって今の生活を抜け出したい!!」という人は、マニュアルをご検討下さい。

行政書士になって、自分の生活を変えましょう。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME