行政書士試験の勉強で最初に気をつけるべきこととは?。

行政書士試験の勉強で最初に気をつけるべきこととは?。

2018-02-07

おはようございます、行政書士の石井です。

本日は「行政書士試験の勉強で最初に気をつけるべきこととは?」についてお話いたします。

「行政書士になりたい」と思って勉強を始めるわけですが、最初は思いがとても強いため、その気持ちの強さから自分自身を過大に評価してしまいがちです。

「毎日5時間勉強できる」「週に2回は資格の学校に通える」と思ってスタートしても、徐々にそういった意識が弱まることで、途中で投げ出したり、勉強が続けられなくなったりする受験生は数多くいます。

無理をして、勉強計画を立てても、やはりどこかで挫折することになりますので、最初の段階で、冷静に自己分析して、自分のできる範囲を明確にしなければなりません。

「どれくらいの時間だったら、勉強を無理なく進めることができるか」といったことをしっかり考えながら、勉強の計画を練る必要があるわけです。

そのためには、「少し少なめに勉強時間を見積もっておくこと」が重要です。

勉強を予定通りに進められなかったり、まったくできないこともあるでしょうから、調整できるように予備の時間を事前に設けておくようにしましょう。

「勉強が遅れないように勉強の予定を少なめにしておく」「勉強が遅れた場合に、調整できる時間を作っておく」。

こういった準備が必要です。

行政書士試験に一夜漬けは通用しません。

継続なくして、合格はありませんので、無理なく続けられる勉強計画を立てることが重要です。

「平成30年度行政書士試験に何としてでも合格したい!」という方は、「1日14時間半のサラリーマン生活を続けながら、わずか147日で行政書士試験に合格したマニュアル」をご参照ください。


PAGE TOP





MENU

CONTACT
HOME