行政書士試験の一般知識で2年連続、同テーマの出題はありえるのか。

行政書士試験の一般知識で2年連続、同テーマの出題はありえるのか。

2018-02-16

おはようございます、行政書士の石井です。

本日は「行政書士試験の一般知識で2年連続、同テーマの出題はありえるのか」についてお話します。

平成29年度行政書士試験で「仮想通貨ビットコイン」の出題がありましたが、今年、注目を集めているのが「仮想通貨NEM(ネム)」の580億円流出事件ですね。

コインチェックという仮想通貨の取引所の管理の甘さから、NEMが580億円分盗まれてしまったということですが、これだけ大きなニュースとなったわけですから、平成30年度行政書士試験で出題される可能性は十分にあるでしょう。

しかし、平成29年度行政書士試験で同じ仮想通貨のビットコインが出題されたことは、NEM(ネム)の出題可能性を大きく下げてしまっているかもしれませんね。

仮想通貨というのは1000種類以上あるそうですが、興味のない方には、あまりピンとこないのかもしれません。

似たようなもので例えると、「ポイント」かもしれませんね。

ポイントの代表的なものに、Tポイント、PONTAポイント、楽天ポイントなど様々ありますが、それにあたる仮想通貨というのが、ビットコインやNEM(ネム)というわけです。

仮想通貨の場合、株やFXなどと同じように取引ができ、価格が上下しますので、投機目的で所有している人がほとんどです。

仮想通貨は、価格の上下というリスクにプラスして、杜撰な管理をしている取引所も多いため、取引所から盗まれるリスクもあるというのが今回のニュースで教訓になったことではないでしょうか。

仮想通貨をやるならば、最低限、金融庁に登録してある取引所を使うことが重要ですね。

「自分に合った勉強方法が分からない」という方は、「1日14時間半のサラリーマン生活を続けながら、わずか147日で行政書士試験に合格したマニュアル」をご検討ください。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME