行政書士試験の勉強が遅れてしまう理由。

行政書士試験の勉強が遅れてしまう理由。

2018-03-09

おはようございます、行政書士の石井です。

本日は「行政書士試験の勉強が遅れてしまう理由」についてお話します。

先日、4名の行政書士試験の受験生とスカイプを行いましたが、みなさん共通していたのが「予定より勉強が遅れてしまっている」ということでした。

今まで多くの受験生と話をしてきましたが、逆に「予定通り勉強が進んでいる」と答える人は、だいたい100人に5人くらいですので、「予定より勉強が遅れる」というのは、当然のことといえるのかもしれません。

受験生がつくる勉強計画の多くは、理想形が書かれており、調整する時間が設けられていないことがほとんどです。

例えば、「問題集を解くのに3日かかる」と予定表に書かれていても、それは何も起きなかったときにかかる時間であり、急用が入ったり、病気で勉強ができなくなったときに対応できないのです。

勉強が自分の思った通りに進むことは、ほとんどありません。

それを踏まえて、少し、時間にゆとりをもたせたり、遅れた時に調整できるような時間をあらかじめ設けておくことが重要です。

「行政書士試験に合格できる計画を教えてほしい」という方は、「1日14時間半のサラリーマン生活を続けながら、わずか147日で行政書士試験に合格したマニュアル」をご参考ください。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME