行政書士の判例集っていつ買ったらいいの?

行政書士の判例集っていつ買ったらいいの?

2018-03-23

おはようございます、行政書士の石井です。

本日は「行政書士の判例集っていつ買ったらいいの?」についてお話します。

行政書士試験の受験生から、判例集に関するご質問をよくいただきますが、判例集の優先順位はそれほど高くありません。

もちろん、受験経験があって、かなりの理解力がある人は、判例集を読んで、更に学力を上げる必要があるかもしれませんが、特に、初めて行政書士試験を勉強する人にとって、優先順位は低いと言わざるを得ません。

まず、絶対に必要なのが「テキスト」と「法令別過去問」です。

そして、その次は「過去問以外の問題集」となりますが、おそらく、それをやると、もう判例集を読んでいる時間はないでしょう。

問題集を解くと数多くの判例問題が出てきます。

そういった中で判例の勉強ができるとベストです。

それに、ただ判例集を漠然と読んだところで、何も頭に残らないでしょうから、問題集を解きながら、判例の理解度を上げていくほうが、賢明だといえるでしょう。

「行政書士試験に合格するための優先順位を教えてほしい」という人は、「1日14時間半のサラリーマン生活を続けながら、わずか147日で行政書士試験に合格したマニュアル」をご覧ください。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME