短期で行政書士試験合格を目指した方がよい人の特徴。  

短期で行政書士試験合格を目指した方がよい人の特徴。  

2018-05-09

おはようございます、行政書士の石井です。

本日は「短期で行政書士試験合格を目指した方がよい人の特徴」についてお話します。

「短期集中型」か「標準型」が合うかは、もちろん勉強の開始時期によるのですが、その人の性格によっても変わってきます。

コツコツ勉強するよりも、「短期間で一気に集中して勉強する方が得意」といった受験生には、むしろ半年未満での勉強の方が合っていると思われます。

学生時代の勉強を振り返ってみると、「コツコツ勉強するのは苦手だった。一夜漬けが得意だったなぁ」など、あなた自身に合った勉強法のヒントになるものがあるかと思います。

平成29年度(2017年度)の行政書士試験でも、「短期集中型」によって、数多くの受験生が見事、合格しました。

行政書士試験は誰かと競争するものではなく、あなたが180点をとれるかどうかの試験ですので、あまり周りのことは気にしないようにしましょう。

重要なことは、あなたが行政書士試験で180点(6割)取る、ということです。

「絶対に平成30年度行政書士試験に合格したい」という人は、「1日14時間半のサラリーマン生活を続けながら、わずか147日で行政書士試験に合格したマニュアル」をご覧ください。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME