行政書士試験の勉強で睡眠を削ることは有効か。

行政書士試験の勉強で睡眠を削ることは有効か。

2018-05-21

おはようございます、行政書士の石井です。

本日は「行政書士試験の勉強で睡眠を削ることは有効か」についてお話します。

行政書士試験などの資格試験の学習をしている受験生の中には、「睡眠を減らして勉強時間を確保する」といった考えを持っている人がいます。

確かに、一見有効に思えるかもしれませんが、行政書士試験は数か月間、勉強中心の生活が続きます。

こういった状況で、長期間、継続させる場合には「十分な睡眠」は最も大切なものであり、無理をして減らしても逆効果にしかなりません。

勉強した知識というのは、「寝ている」ときに頭の中で整理され、記憶として定着する仕組みになっています。

つまり「睡眠を削る」ということは、単に勉強の集中力を下げるだけでなく、せっかく覚えた知識を忘れやすくしていることにもつながっているのです。

「十分な睡眠時間」を確保することも、また勉強の1つと考えるようにしましょう。

「毎朝、集中して勉強したい!」という人は、「1日14時間半のサラリーマン生活を続けながら、わずか147日で行政書士試験に合格したマニュアル」をご検討ください。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME