なぜ行政書士試験に短期合格するためには、通学・通信ではなく、独学が必要なのか。

なぜ行政書士試験に短期合格するためには、通学・通信ではなく、独学が必要なのか。

2018-05-29

おはようございます、行政書士の石井です。

本日は「なぜ行政書士試験に短期合格するためには、通学・通信ではなく、独学が必要なのか」についてお話します。

行政書士試験に合格するためには、当たり前ですが、試験に出る科目をしっかりと勉強しなければなりません。

「憲法」「民法」「行政法」「会社法(商法)」「基礎法学」「一般知識」などやるべきことは盛りだくさんです。

例えば、行政書士試験の半年前から勉強を開始する場合、試験まで180日しかありませんが、通学や通信教育の教材は一体、何ページあるでしょうか。

答えは2000ページから3000ページです。

単純に1日15ページくらい勉強しないと間に合いません。

しかも、他に講義を見たり、問題集を解いたりしなければなりませんし、当然、教材も1回やっただけでは覚えられませんので、正直、毎日30ページくらい進めるくらいの気持ちでないと一通りの勉強は終わりません。

サラリーマンや主婦など、毎日、忙しい中で勉強をしようとする人にとって、短期で通学や通信で合格することは現実的ではありません。

現実的と言えるのは、「私は暇なので朝から夜中まで1日中勉強できる」という人くらいでしょう。

試験まで1年あるならば、通学や通信教育といった選択肢もあるでしょうが、短期合格を目指すのであれば、独学しかありません。

独学のテキストの場合、平均700ページくらいです。

中には500ページくらいのものもあります。

短期合格を目指すのであれば、独学こそ最良の道なのです。

「短期間で効率よく勉強して合格を目指したい!」という人は、「1日14時間半のサラリーマン生活を続けながら、わずか147日で行政書士試験に合格したマニュアル」をご検討ください。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME