行政書士試験の勉強は、成功雨読で。

行政書士試験の勉強は、成功雨読で。

2018-06-06

おはようございます、行政書士の石井です。

本日は「行政書士試験の勉強は、成功雨読で」についてお話します。

6月に入り梅雨入りした地域も徐々に広がってきました。

私が住んでいるところでも、雨の日に公園などに行くと蛙の鳴き声が聞こえますが、昔よりも少なくなりましたね。

トノサマガエルも現在では、水田の減少や外来種の影響で、純絶滅危惧種に指定されているようです。

蛙や蝉、鈴虫の鳴き声は、日本人には季節を感じる音であっても、外国人にとっては騒音でしかないとのことです。

6月は雨の季節ですが、雨の音もまた同様です。

私が行政書士試験の勉強をしていた記憶を辿ると、思い出すのは雨の中、図書館で勉強していた風景です。

平日は残業サラリーマンでしたので、週に1日、図書館などで勉強をよくしていましたが、やはり音と一緒に記憶される記憶というのは、いつになっても忘れないものですね。

行政書士試験に合格するためには、梅雨の時期の過ごし方が重要です。

しっかりとこの時期は、学力を養うよう心がけましょう。

「梅雨の時期をしっかりと乗り切って、平成30年度行政書士試験に合格したい」という人は、「1日14時間半のサラリーマン生活を続けながら、わずか147日で行政書士試験に合格したマニュアル」をご覧ください。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME