行政書士試験の出題方法を把握しよう。

行政書士試験の出題方法を把握しよう。

2018-06-14

おはようございます、行政書士の石井です。

本日は「行政書士試験の出題方法を把握しよう」についてお話します。

行政書士試験では、「5肢択一式」「多肢選択式」「記述式」といった3つの出題方法があります。

ただ、一つ言えることは、出題方法は様々であっても、求められる知識は共通しているということです。

「5肢択一式と記述式では出題範囲が違う」ということはありません。

どれも共通した試験範囲から出題されるわけです。

もちろん、記述式は40文字程度でまとめなければならないため、そのための対策は必要になりますが、5肢択一式の勉強で学んだことは多肢選択式や記述式にも役立つということをしっかりと理解するようにしましょう。

「効率の良い勉強方法で、平成30年度行政書士試験に合格したい」という人は、「1日14時間半のサラリーマン生活を続けながら、わずか147日で行政書士試験に合格したマニュアル」をご覧ください。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME