来年の行政書士試験を目指す人は、今年はおろか来年も受験することができない②。

来年の行政書士試験を目指す人は、今年はおろか来年も受験することができない②。

2018-07-05

おはようございます、行政書士の石井です。

本日は「来年の行政書士試験を目指す人は、今年はおろか来年も受験することができない②」についてお話し致します。

前回の続きです。

なぜなら、勉強自体も同時に「来年から勉強を始めよう」と考えてしまうからです。

「鉄は熱いうちに打て」といいますが、「始めたい」と思ったときに開始しないと、いつまで経ってもスタートを切れないのです。

「来年から」「来月から」と考えていると、永久に勉強は始まりません。

大切なのは、「残り4ヶ月しかなくても、その中でベストを尽くして受験する」ということです。

たとえ4ヶ月しかなくとも合格する受験生はたくさんいますし、仮に不合格になったとしても、4ヶ月精一杯勉強しておくと、その知識が活きるため、翌年の受験の開始がはるか前から始まるのです。

来年の行政書士試験に合格する人は、来年から始めようとするのではなく、今から勉強を始めようとする意識の持ち主です。

「今から勉強を始めるが、それでも平成30年度行政書士試験に合格したい」という人は、「1日14時間半のサラリーマン生活を続けながら、わずか147日で行政書士試験に合格したマニュアル」をご検討ください。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME