スイッチが入ってから動くのではなく、動いてからスイッチが入る。

スイッチが入ってから動くのではなく、動いてからスイッチが入る。

2018-07-31

おはようございます、行政書士の石井です。

本日は「スイッチが入ってから動くのではなく、動いてからスイッチが入る」についてお話します。

平成30年度の行政書士試験合格を目指す受験生に「どうやったらやる気が出ますか?」「集中力がないのですが、どうしたらよいですか?」と質問されることがあります。

私の場合には「スイッチが入ってから動くのではなく、動いてからスイッチが入る」という感覚を持っています。

まずは動き出してみることが重要です。

じっと待っていてもスイッチは入りません。

私の場合には、「気持ちが乗らなくても、とにかくやってみる」ことにしています。

「嫌だなぁ、やる気が出ないなぁ、めんどうくさいなぁ」と思っていても、いざ始めてみると、集中力は上がってくるものです。

いくら頭の中で、スイッチを探しても、見つかることはありません。

行政書士試験の勉強も、やる気が起きなくても「とにかく1問解いてみる」「とりあえず1ページテキストを開いてみる」ことが重要なのです。

「時間への意識を強く持って、平成30年度行政書士試験に合格したい」という人は、「1日14時間半のサラリーマン生活を続けながら、わずか147日で行政書士試験に合格したマニュアル」をご確認ください。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME