行政書士試験の勉強は多くのことをやる必要があるが、できることは常にひとつだけです。

行政書士試験の勉強は多くのことをやる必要があるが、できることは常にひとつだけです。

2018-08-09

おはようございます、行政書士の石井です。

本日は「行政書士試験の勉強は多くのことをやる必要があるが、できることは常にひとつだけです」についてお話し致します。

行政書士試験まで残り3ヶ月ともなると「あれもこれもやらなきゃ」といった焦りが出てきます。

行政書士試験の勉強では「憲法」「行政法」「民法」「商法(会社法)」「基礎法学」「一般知識」など多くの試験科目がありますし、「択一」「記述」「多肢選択」と回答方式も様々ですので、何をしたらいいか不安に駆られてしまうこともあるでしょう。

直前期の過ごし方次第で、学力は、一気に伸びる人もいれば、停滞してしまう人もいます。

気持ちの持ちようひとつで、勉強の進捗はどうとでも変わってしまうのです。

勉強が停滞してしまっている人は、気持ちばかりが焦り、空回りしているケースがほとんどです。

一方で、直前期の学習で伸びる人は、「いつまでにこれをやる」と勉強計画を立て、常に今やるべきことだけに意識を持っていっています。

誰しも2つのことを同時にはできませんので、「今やるべきこと」だけに集中して、先のことを考えすぎないようにしましょう。

「平成30年度行政書士試験になんとしても合格したい」という人は、「1日14時間半のサラリーマン生活を続けながら、わずか147日で行政書士試験に合格したマニュアル」をご検討ください。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME