すべてのことを完璧に仕上げる必要はありません。

すべてのことを完璧に仕上げる必要はありません。

2018-09-04

おはようございます、行政書士の石井です。

本日は「すべてのことを完璧に仕上げる必要はありません。」についてお話し致します。

行政書士試験の勉強では人によって進むペースが様々です。

同じ問題でも5分で終わる人がいれば、1時間かかってしまう人もいます。

これは能力的な問題も当然あるとは思いますが、性格的なものの方が圧倒的に大きいです。

完璧に理解しないと次に進めないという人は、思い切った割り切りが必要です。

行政書士試験の合格点は180点、試験全体の6割をとれば合格です。

分からないところで考え悩むことは重要ですが、いくら悩んでも結論が出ないものは、飛ばしてしまいましょう。

目先のことよりも、全体を俯瞰する気持ちが重要です。

「最後まで諦めずに、平成30年度行政書士試験に合格したい」という人は、「1日14時間半のサラリーマン生活を続けながら、わずか147日で行政書士試験に合格したマニュアル」をご参照ください。


PAGE TOP





MENU

CONTACT
HOME