行政書士試験で最も重要な科目とは。

行政書士試験で最も重要な科目とは。

2018-10-12

おはようございます、行政書士の石井です。

本日は「行政書士試験で最も重要な科目とは」についてお話し致します。

行政書士試験で最も重要な科目を聞くと「憲法」と答える受験生がいます。

確かに「憲法」って他の法律よりも格上の感じがしますよね。

法律の改正は、毎年、数多く行われますが、「憲法改正」は今の憲法になって一度も行われていませんし。

でも、行政書士試験で最も重要な科目は、実は「行政法」なのです。

「行政法」は配点が112点あるのに対し、「憲法」はたった28点しかありません。

つまり、行政書士試験に合格するためには、「行政法の攻略」が必須だということです。

行政書士試験を受けるのであれば、行政法は必ず、得意科目とするよう努めましょう。

「短時間で効率よく行政書士試験への合格を目指したい」という人は、「1日14時間半のサラリーマン生活を続けながら、わずか147日で行政書士試験に合格したマニュアル」をご参照ください。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME