行政書士試験の勉強を『1年前に始めとけばよかった』と思っているあなたへ。

行政書士試験の勉強を『1年前に始めとけばよかった』と思っているあなたへ。

2018-10-18

おはようございます、行政書士の石井です。

本日は「行政書士試験の勉強を『1年前に始めとけばよかった』と思っているあなたへ」についてお答えします。

行政書士試験は1年でも早く受かるに越したことはありません。

行政書士試験に合格しないことには開業もできず、今の人生を足踏みするだけで、先に進むことができないからです。

例えば、サラリーマン生活をしていて「簿記をとったら月収が上がる」といったような資格であるならば、単に月収が上がるかどうかという話ですので、サラリーマンを続けるにあたって、その資格の合否はそれほど大きいものではないでしょう。

ですが、行政書士の場合には、資格を取らないことには何も始まりませんので、いち早くとっておく必要があります。

「本当は1年前にも始めるチャンスがあったのに・・・。あの時始めていれば、今年の試験に合格できたかもなぁ」と、もし考え込むことがあるならば、今すぐに勉強を始めましょう。

なぜなら、「1年後のあなたに」とっての1年前が、今なのですから。

今から1年前に戻ることはできません。

ですが、1年後の1年前は今なのです。

今、しっかり勉強を始めておかないと、きっと1年後、「本当は1年前にも始めるチャンスがあったのに・・・。あの時始めていれば、今年の試験に合格できたかもなぁ」とまた考え込んでしまうことになりかねません。

「短時間で効率よく行政書士試験への合格を目指したい」という人は、「1日14時間半のサラリーマン生活を続けながら、わずか147日で行政書士試験に合格したマニュアル」をご参照ください。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME