行政書士試験に合格できない最も多い理由。

行政書士試験に合格できない最も多い理由。

2018-10-25

おはようございます、行政書士の石井です。

本日は「行政書士試験に合格できない最も多い理由」についてお答えします。

行政書士試験で合格できなかった受験生に、その原因を聞いてみると様々な答えが返ってきます。

「思ったより行政法がとれなかった」

「いつも取れるはずの文章理解で落としてしまった」

「緊張からケアレスミスを連発してしまった」

上記のような理由は実は少数です。

最も多いのは、「ちゃんと勉強してこなかった」です。

行政書士試験の受験をするのに、「テキストを覚えていない」「問題をあまり解いていない」という状況では合格できるはずはありません。

その辺りをしっかりやった上での勝負なのに、「テキストを理解していない」では不合格になってしまうのは当然です。

行政書士試験というのは、そういった受験生を含めての合格率ですので、しっかりやれば合格できる試験だということを認識しましょう。

「行政書士試験に合格して、独立開業したい」という人は、「1日14時間半のサラリーマン生活を続けながら、わずか147日で行政書士試験に合格したマニュアル」をご参照ください。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME