2019年度に向けて、今から始める行政書士試験の一般知識対策その1。

2019年度に向けて、今から始める行政書士試験の一般知識対策その1。

2018-10-30

おはようございます、行政書士の石井です。

本日は「2019年度に向けて、今から始める行政書士試験の一般知識対策その1」についてお答えします。

行政書士の一般知識に不安を覚える人は少なくありません。

というのも、一般知識は14問しか出題数がありませんが、そのうちの6問取っておかないと、その時点で足切り不合格が決定してしまうからです。

例え、法令科目が満点だとしてもです。

しかも、この一般知識という科目は、何が出題されるのか分からない科目です。

そのため、出題範囲が限定される「個人情報保護法」や、国語の読解問題である「文章理解」で得点を稼いでおく必要があるわけです。

「政治、経済、社会」はどういった問題が出題されるのか、毎年、見えません。

「なんでこんなのが出題されるんだ。行政書士とまったく関係ないだろう!」という問題も、毎年、数問あります。

なので、「個人情報保護法」「文章理解」を得意科目とすることが、行政書士試験合格のために重要なことと言えるでしょう。

「一般知識の足切りをクリアして、行政書士試験に合格したい」という人は、「1日14時間半のサラリーマン生活を続けながら、わずか147日で行政書士試験に合格したマニュアル」をご参照ください。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME