行政書士試験の直前期にやるべきこと。

行政書士試験の直前期にやるべきこと。

2018-11-07

おはようございます、行政書士の石井です。

本日は「行政書士試験の直前期にやるべきこと」についてお話致します。

行政書士試験が間近に迫ってきました。

既に合格した人も受験当時のことを思い出す時期ですし、2019年度に向けて行政書士試験の勉強をスタートしている人も来年の自分を想像することでしょう。

実は、行政書士試験までの残り数日間は、やるべきことが決まっています。

それは、今までやってきた勉強の再確認です。

具体的には、テキストや問題演習の復習です。

新しい教材を使って勉強することは、絶対に禁止です。

「新しいことを覚える」ということは、「知らないことに触れる」ことだからです。

行政書士試験の勉強では、覚えなければならないことは山ほどあります。

つまり、終わりがないのです。

それを直前期にそれをやってしまうと、「私には知らないことがたくさんある」と実感し、不安になってしまうのです。

知らないことがあるのは当たり前です。

合格する人だって、知らないことの方が多いくらいです。

行政書士試験の当日を、自信を持って迎えることが大切です。

あなたが今までやってきた勉強を信じて、「私は今までこれだけの勉強をこなしてきたんだ」と実感しましょう。

行政書士試験は6割取れば合格です。

満点を目指す必要はありませんので、分からない問題が多く出題されても自信喪失するのではなく、分かる問題をしっかりと正解することだけを努めましょう。

「行政書士試験に絶対に合格したい」という人は、「1日14時間半のサラリーマン生活を続けながら、わずか147日で行政書士試験に合格したマニュアル」をご参照ください。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME