行政書士試験の自己採点結果が続々と届いています。

行政書士試験の自己採点結果が続々と届いています。

2018-11-14

おはようございます、行政書士の石井です。

本日は「行政書士試験の自己採点結果が続々と届いています」についてお話致します。

たくさんの受験生から、自己採点の結果をいただいています。

「220点とれました」「法令択一、多肢選択、一般知識で180点取れています」「なんとか記述を厳しく採点しても192点取れています」という嬉しい声をたくさんいただいています。

本当におめでとうございます。

行政書士試験は見事、卒業ですので、新たな道に進みましょう。

「180点ギリギリです」「採点の記述次第で、合否が決まりそうです」といった方は、合格発表まで落ち着かないかもしれませんが、今まで行政書士試験の勉強のために犠牲にしていたものもあるでしょう。

息抜きも必要ですので、十分な休息をとりながら、できたら、現状の学力を落とさないレベルで合格発表を待ちましょう。

一方で「まったく歯が立ちませんでした」「勉強を頑張ってきたつもりでしたが、ダメでした」といった悔しい気持ちも届いています。

行政書士試験は一発試験なので、力を出し切れずに終わってしまった方もいるでしょう。

ですが、自己採点し結果にしっかりと向き合えたことは、とても重要なことです。

どういった決断をするにせよ、次の一歩を踏み出すことができますからね。

2019年度の行政書士試験を目指すのであれば、悔しい気持ちがある今のうちに勉強を再開しましょう。

今までも頑張ってきたことでしょうから、無理にペースを上げる必要はありません。

休息をとりながら、少しずつ、1日30分でも構いませんので、合格に向けてスタートしてください。

「2019年度の行政書士試験に絶対に合格したい」という人は、「1日14時間半のサラリーマン生活を続けながら、わずか147日で行政書士試験に合格したマニュアル」をご参照ください。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME