行政書士試験で勉強する部屋は、どんな部屋がよいのか。

行政書士試験で勉強する部屋は、どんな部屋がよいのか。

2018-11-28

おはようございます、行政書士の石井です。

本日は「行政書士試験で勉強する部屋は、どんな部屋がよいのか」についてお話します。

おはようございます、行政書士の石井です。

まもなく12月ということで寒くなってきましたが、風邪などひいていないでしょうか。

「頭寒足熱」という言葉がありますが、私はその言葉通り、足元は暖め、頭は寒い状態で仕事をしています。

職場では、部屋の温度が上がると眠くなるため、冬も暖房は使いません。

寒いときは上着を羽織って、靴下を履きながら仕事をしています。

寒い方が頭が働くので、いつもそういった環境で仕事をしているようにしています。

なので、私はそれが当たり前だと思っていたのですが、実はそうとも限らないんですよね。

特に女性は冷え性の方が多いので、暖かくして仕事をしている人も多いのではないでしょうか。

私は行政書士という仕事柄、様々な職場を訪ねることがありますが、女性ばかりの職場の場合、暖房の温度が高いところが多く、睡魔に襲われることもあります。

でも、当の職員たちは、集中して仕事をしていますので、やっぱり個人差というのは大きいのかもしれませんね。

行政書士の勉強をしていて眠くなってしまう人は、部屋の温度が合っていない可能性もあるので、調節してみましょう。

来年を良い年にするためには、年末の過ごし方が重要になってきます。

「来年、行政書士を受けようか、どうしようか」迷っている人は、ぜひ、今年中に、思い切ってスタートすることをお勧めします。

でないと、来年の今頃も、きっと同じことを繰り返しているからです。

私のご提供するマニュアルでは、短期間で行政書士試験に合格するメソッドが書かれています。

行政書士試験は6割、300点満点中180点取れば合格です(一般知識に足切りが設定されていますが)。

他人と競争するわけでもなく、ただ、6割取れれば、誰でも合格し、行政書士として開業できますので、迷っているのであれば、ぜひ、第一歩を思い切って踏み出してみましょう。

「2019年度行政書士試験に合格したい」という人は、「1日14時間半のサラリーマン生活を続けながら、わずか147日で行政書士試験に合格したマニュアル」をご参照ください。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME