行政書士試験に合格するためには、15分の勉強でつなぐこと。

行政書士試験に合格するためには、15分の勉強でつなぐこと。

2018-11-29

おはようございます、行政書士の石井です。

本日は「行政書士試験に合格するためには、15分の勉強でつなぐこと」についてお話します。

行政書士試験の勉強を続けていくと、どうしても体調が悪かったり、忙しかったりして、勉強がまったくできなくなってしまう期間というのがでてきます。

これが1日であれば何ら問題ないのですが、2日、3日と続いていくと、勉強への意欲が失われたり、最悪の場合、行政書士試験への挑戦自体を諦めてしまうことにもなりかねません。

それを避けるためには、「勉強ができない日は1日15分の勉強で良いので、勉強を続けていくこと」が重要になっていきます。

確かに15分では新たに覚えられることはほとんどありませんから、勉強は停滞してしまうことになります。

ですが、15分あれば今まで勉強してきたことを確認しなおしたり、そして何より、勉強に対しての習慣を続けていく、ということができるのです。

たった15分と思うかもしれませんが、その15分の勉強を行ったかどうかで、1年後の行政書士試験をの結果が変わってくるのです。

「今日は熱があって、なんだかやる気がおきないなぁ」という日でも、15分だけでよいので、テキストを使って昨日勉強したことをパラパラっと見直してみることをお勧めします。

行政書士試験の合格に何年もかけることは、体力的にも時間的にも金銭的にも大きな負担となります。

「2019年度行政書士試験に合格したい」という人は、「1日14時間半のサラリーマン生活を続けながら、わずか147日で行政書士試験に合格したマニュアル」をどうぞご検討下さい。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME