過去問で分からない問題に出会ったら・・・。

過去問で分からない問題に出会ったら・・・。

2019-01-11

おはようございます、行政書士の石井です。

本日は「過去問で分からない問題に出会ったら・・・」についてお話します。

過去問を解いていて分からない問題は、たくさん出てくるかと思います。

むしろ、勉強を始めたばかりの頃は、そんな問題ばかりかもしれません。

行政書士試験の受験生の中には、「分からないから答えを見て覚えよう」といった考えで、考えることなく解答を見てしまっている人がいます。

でも、それでは学力は伸びていきません。

まずは、少ないながらも持っている知識を振り絞って、分からない問題に立ち向かうことこそが学力向上の一歩です。

その後に、解答を確認するといった流れですね。

行政書士試験は、暗記だけでは合格できませんよ。

考えて考えて考える姿勢を大切にしましょう。

「論理的な思考を身につけて、2019年度行政書士試験に何が何でも絶対に合格したい!」人は、「1日14時間半のサラリーマン生活を続けながら、わずか147日で行政書士試験に合格した勉強法」をご検討ください。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME