平成30年度行政書士試験の合格発表がありました。

平成30年度行政書士試験の合格発表がありました。

2019-01-31

おはようございます、行政書士の石井です。

本日は「平成30年度行政書士試験の合格発表がありました」についてお話します。

昨日は行政書士試験の合格発表がありました。

行政書士試験研究センターのHPを確認すると以下のようになっています。

出願者数「50926人」

受験者数「39105人」

合格者数「4968人」

合格率 「12.7%」

合格率が12.7%と予想以上に高かったと思います。

近年の人口減少もあり、行政書士試験の受験生年々減ってきていますので、一定の合格者を出すためには、10%以上の合格率にしているのかもしれません。

行政書士試験に合格できた方は、おめでとうございました。開業や人生の次の目標向けて、走り出してください。

一方で、不合格だった人は、今年の行政書士試験に受験するのか、それとも止めるのか決断しましょう。今年の行政書士試験まであと、9ヶ月ですので、やるならば、早めに決断しないと間に合わなくなってしまいます。

11月の行政書士試験終了後に勉強を始めた人は、既に2ヶ月以上も前にスタートしているわけですから、一刻も早く今年の行政書士試験を受験するのか、決めるようにしてください。

ただ、行政書士試験の合格率をみると、今までの10%前後から、10から15%に推移した可能性もありますので、行政書士試験に合格するチャンスは広がっているのかもしれません。

「2019年度行政書士試験に何としてでも合格したい!」という方は、「1日14時間半の残業サラリーマン生活を続けながら、わずか147日で行政書士試験に合格した勉強法」をご参照ください。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME