平成30年度行政書士試験に落ちた人は、今すぐ始めましょう。

平成30年度行政書士試験に落ちた人は、今すぐ始めましょう。

2019-02-20

おはようございます、行政書士の石井です。

本日は「平成30年度行政書士試験に落ちた人は、今すぐ始めましょう」についてお話します。

昨日の補足です。

行政書士試験の勉強ではスタートが重要です。

例え、勉強期間が短くてもスタートダッシュを決められる受験生は、それで一気に合格できます。

言うなれば、熱い鉄なのです。

鉄は熱いうちであれば柔らかいため鍛えることができますが、冷えてくるとその効果は徐々になくなります。

つまり「行政書士になりたい」と初めて思ったのが試験半年前であれば、そこから知識を吸収して合格できますが、受験経験がある受験生の場合には、そこまでの意識を持ち続けることは難しいため、半年前から始めても間に合わないのです。

年の前半の半年間なにもできなかった人が、後半の半年間だけでなんとかなるわけがありません。

始めるなら、今です。

今がラストチャンスの時期だと考えましょう。

2019年度行政書士試験に合格したいのであれば、今すぐに勉強を再開させましょう。

頭で考えてばかりいても仕方ありませんので、まず、行動してみましょう。

行動すれば、何かが確実に変わりますよ。

「絶対に2019年度行政書士試験に合格したい」という人は、「1日14時間半のサラリーマン生活を続けながら、わずか147日で行政書士試験に合格した勉強法」をご検討ください。


PAGE TOP




MENU

CONTACT
HOME